目的思考型と問題回避型



コミュニケーションにおいて、相手の世界観や思考に合わせることは、
意思の疎通を測る上で大切です。


そこで使えるのが、NLPのメタプログラムです。
NLPのメタプログラムとは、人が使っている言葉から、
その人の思考の傾向を読み取ることができます。


例えば、NLPのメタプログラムには、
目的志向型と問題回避型というものがあります。


目的志向思考型の人は、
使う言葉として、得る・手に入れる・達成するなどの、
何かを得ていくという思考の傾向を持っています。


問題回避型の人は、
回避する・避ける・防ぐなどの、何かを避ける思考の傾向を持っています。



では、NLPのメタプログラムの目的志向型と問題回避型を
どのように活かすのかということですが、例えば、
会社の仲間が悩んでいるとします。その仲間を動機づけする際は、


相手が目的志向型の場合、目的志向型の使う言葉が響きます。
それは、相手の思考の傾向に待ちしているからです。


問題回避型に対しても、問題回避型の言葉を使うのがベストです。



仮に、問題回避型の仲間が悩んでいるとします。
その時に、目的志向型の言葉を使って励ましても、
あまり心に響きません。


もちろん、現実的には色々な方がいらっしゃいます。
NLPのメタプログラムでは、目的志向型の傾向が強い人とでも、
問題回避型の要素を持っています。


問題回避型の傾向が強い人でも、目的志向型の要素を持っています。
それを踏まえて、コミュニケーションの目的にあったメッセージの
伝え方をしていくことで、より相手の心に響くコミュニケーションを
取りやすくなります。


アンカリングの方法



NLPのアンカリングをして行きましょう。


前回の続きですが、具体的なアンカリングの方法をお伝え致します。
まずは、NLPセミナーでも学びますが、一つのシンプルな例を
下記にお伝えしてみます。


例えば、あなたがこれまでの人生で、とても自分を誇らしい・
素晴らしいと、自信を持てた時のことを思い出して下さい。
恐らく、とてもいい気持ちになり、心も温かい気持ちや
ワクワクした気持ちになりませんか?


更に、その時に聞いたこと(音や声、誰かと話した会話)なども
目をつむって聞いてみて下さい。


また、その時にあなたが感じていたことって何でしたか?
気分・感情・身体の感覚などです。少し思い出しながら、
思い出した感覚を少しづつ強く感じてみましょう。


そして、当時の思い出と感覚を全身に広げながら、
それを感じつくします。この時のあなたはとても幸せで、
活力や充実感に満ち溢れているのではないですか?


では、その状態を保ちながら、身体の一部に触れてみましょう。
そして、数秒間、その状態を続けます。


これを繰り返したり、今後のいいことがあった時にも、行ないます。


このように、NLPのアンカリングを身体に馴染ませていきます。
すると、NLPのアンカリングで馴染ませた部分に触れることで、
アンカリングしている時の心身の状態が蘇ってきます。


では、今後NLPのアンカリングを強化するコツをお伝えします。


「あなたの心身がベストな状態の時に、同じ部分に触れる」
いい時に、このようなに触れることで、それが強化されていきます。
その結果、NLPのアンカリングは、いつでも使えるようになります。


そして、あなたにとってのリソースフル(心身のいい状態)を
コントロールできるようになります。


まずは、自分を動かす


良い時の感覚って、中々持続するのが難しいな~」
って感じたことはありませんか?


その逆の辛い時や、苦しい時、悔しい時の感覚は、
案外、思い出しやすく、同じようなシチュエーションが出てくると
すぐに思い出すのですが・・・


多くの方がそうかもしれません。



では、もしも、あなたの良い時の感覚や気分を、今まで以上に
持続させやすくなったとしたらいかがでしょうか?


また、今まで以上に良い時の気分や感覚を思い出しやすく
することができたとしたら、いかがでしょうか?


それを可能にするNLPのスキルが、「アンカリング」です。


今回は、人を動かすというテーマではなく、まずは、
あなた自身を動かしていくために必要なことを一緒に見ていきましょう。


NLPのアンカリングを使う時は、次のように行います。


例えばですが、一つイメージをして頂きたいと思います。
あなたが、最高に幸せで、心が温まっている・心が楽しくなった
時の想い出をイメージして下さい。

いかがですか?思い出しただけで、その時の感覚や気分、感情が
蘇って来ませんか?実は、イメージと感情や感覚、ある特定の動作と
感情や感覚はつながっています。


ですので、想い出のイメージが、当時の温かい・楽しい感情や感覚などを
再現してくれます。NLPのアンカリングとは、これを意識的に行うことにより、
意図的に、その状態を作り出したり、作り出しやすくしていきます。


では、NLPのアンカリングの方法ですが、長くなりましたので、
次回に詳しくお伝えしていきます。まずは、イメージや動作と、
感情や感覚のつながりを知っていただくことが大切になります。


行動をおこすことの意味



あなたにとって、最初の一歩は何ですか?


NLPプラクティショナーで学ぶ、はじめの一歩に関しては、
以前にご紹介しました。そして、その為の質問の方法を
お伝えしました。

では、一歩の行動をするしないとで、起きてくる違いとは、
具体的にはどういうものでしょうか?


その点について、ご紹介していきます。


NLPのはじめの一歩には、大きく2つの意味があります。
もちろん、もっとたくさんあります。


1、あなた自身にとっての意味

 ⇒あなたが自分の心のブレーキに対して、一歩踏み出すということは、
  とても価値があります。これほどの価値はありません。
  そして、そこには大きな意味があります。


  何故ならば、一歩を踏み出したという事実が、あなたに自身を与えます。
  視野が広がります。0と1の違いは大きいです。


では、NLPのはじめの一歩を踏み出す2番目の理由です。


2、結果が出る

 ⇒ここでお伝えしたいのは、結果が出ると分かっていても、
  新しいことを学んだ時、素晴らしいスキルを学んだ時など、
  多くの方が行動をしません。


  だからこそ、できるレベルからでも、一歩を踏み出した人が、
  結果を手に入れることができるのです。はじめは心理的に抵抗が
  あると思いますが、とても大切なことです。


はじめの一歩を踏み出すことには、それだけの意味と価値があります。
ですから、あなたのできるレベルから行動できるように、
はじめの一歩をじっくりと行なってみて下さい。


本当に、人生を変えていくことのできる質問になります。
「あなたが今からできる、はじめの一歩は何ですか?」


はじめの一歩を使って、行動を促す



はじめの一歩について覚えていらっしゃいますか?


NLPセミナーでは、行動を促すことを大切にしています。
無理やりの行動ではなく、できる範囲で行動できるようにしつつ、
はじめの一歩を促していきます。


はじめの一歩で使う質問は、
「今からできるはじめの一歩は何ですか?」です。


以前にご紹介した時は、価値基準(NLPのクライテリア)を明確にして、
明確にした価値基準を満たすに当たり、どのような行動をするのかを
決めるために使うことができるのが、「はじめの一歩」です。


今回のお話では、人を動かす際に使う「はじめの一歩」について
お話をさせて頂きます。


例えば、あなたの親友、友人、家族、お子さん、仲間、部下、後輩など
いろいろな人間関係があると思いますが、その人達が一歩踏みだせなくて
困っている時に、行動を促すために使いましょう。


例えば、
「今からできる、はじめの一歩はなんだろうか?」
という質問を問いかけながら、一緒に考えることもできます。


また、行動することに恐れを感じていて、黄道することが前提の
質問に拒絶をしてしまうような状態でしたら、「もしも」
という言葉も一緒に使うと、心理的なストレスが軽減されます。


つまり、NLPセミナーで学ぶ「アズ・イフフレーム」を使い、
「もしも、できるとしたら、今からできるはじめの一歩は何ですか?」


というような質問をします。


そして、出てきた答えを具体的にしていくことで、
具体的なアクションを見いだしやすくなります。


具体的にする過程で、相手に心理的な抵抗を見て取れた場合は、
NLPのアズ・イフフレームを使い「もしも」という言葉を入れていきましょう。
それだけで可能性を見いだせるようになります。


相手がよく使う言葉を受け取る



言葉に注意深く目をむける

目を向けるとかきましたが、耳を傾けつつ、目をむけるということです。
NLPセミナーのプラクティショナーコースでは、コミュニケーションや
人間の心理についての基本を学ぶことができます。

その中で、言葉に対しても教わります。
言葉に対してとは、通常大きく2つのタイプの方がいらっしゃいます。

1、言葉のみを聞いて、言葉そのものから判断する人
2、相手の非言語の声に目を向けて、そこからあれこれかんがえて判断する人

勘違いされがちなのは、NLPやコミュニケーションに関するセミナー等で、
学んで行くと、非言語が大切なことを教わります。教わりますが、
それだけがすべてとは行っていません。

NLPセミナーのプラクティショナーコースで教わることは、非言語を大切にしつつ、
相手が使っている言語にも注意深く耳と目を向けることです。

例えば、コミュニケーションの相手が、長い付き合いの方とします。
長いといったのは、物理的な時間でだけでなく、会う頻度が多い方も
含めます。そして、相手の使う言葉を観察してみましょう。

NLPセミナーのプラクティショナーコースでは、相手を観察することを
学びますが、見えてくるはずです。相手がよく使っている言葉を・・・
その言葉の中には、相手の心理状態や人生が投影されているものがあります。

そこから相手を知り、助けることや支えることも出来ます。
お伝えしたいことはこうです。NLPを福岡で教えているトレーナーさんの話しでは、
それが冗談として使われている言葉だとしても、中には心の深い部分の投影の
場合もある。

つまり、言葉から相手を思いやり、知り、いい関係を作る
きっかけを作ることも出来るのです。


言語も非言語も、どちらも大切




ご存知でしょうか?


コミュニケーションには言語と非言語の2種類のメッセージが
含まれていることを。


このサイトのように、NLPに関して興味をお持ちの方は、
ご存知かもしれませんし、今回お知りになったかもしれません。


今回のお話のテーマは、言語から受け取れるものが
たくさんあるということです。


その視点で考えますと、大きく3つの方がいらっしゃいます。

1、コミュニケーションで大切なのは、非言語だと思っていた

2、大切なのは、言葉そのものだと思っている

3、両方が大切だと認識している


などです。


実は、3つとも合っています。
間違っていません。


NLP資格のセミナーで教えてもらえるのは、
コミュニケーションにおいて、相手の非言語には、
多くの声になっていないメッセージがありますよと教えてくれます。


そして、言葉が大切ではないと言っていません。
言葉にも、その人の状態や性質を表すシグナルや、
見極めて洞察していくポイントがしっかりありますよ。


と教えてくれます。


NLPでは非言語と言語の両方に意味があることを
教えてくれます。


聞いてみると当然ですが、どちらかに意識を偏らせている方も
少なくないのが現実かもしれません。


NLPでいう非言語を考えた時、言葉とは裏腹に非言語に
本音が出ていることもあります。


非言語では落ち着いて、冷製な状態に見えても、
言葉から相手の思考がマイナスに傾いている、恐れや不安を
感じている、矛盾が生まれているなどの洞察も出来ます。


今回のテーマは、言語にも非言語にも意識を向けてみましょう。
ということでした。


与える受け取るの循環




与えることと受け取ることの循環


ここが人間関係では非常に大切です。
どうしてだと思いますか?


それはそこに循環があるからです。


NLP資格のセミナーでは、ラポールや
自己重要感という言葉があります。


ここには相手を大切にするという意味合いが
多分に含まれている素晴らしい内容です。


私たちは、与えていく、分かち合っていくことを
ただ行なっていくことが大切ですが、実は、時に
人間関係をダメにしてしまうことがあります。


つまり循環が必要なのです。


かりにNLPでいうラポールを深く築いている人がいたとします。
友人関係のこの2人ですが、ひとりが与えるばかりで、
もう一人はいつの間にか,与えられることが
当たり前になっているとしたら?


どうなると思いますか?


通常の人間関係なら、関係が悪化することでしょう。
では、こういうかたもいらっしゃると思います。


相手が何かをしてくれることを求めているわけではない。
大切だと思います。しかし・・・


しかし、仮に自分はそこを求めていなくても、
相手が受け取りっぱなしで、自らが発していくと
いう感性や感覚、喜びを忘れてしまったとしたら?


ですから循環が必要なのです。


NLP資格のセミナーでは、直接的にそのようなことを
教えてはくれていませんが、実はバランスが大切だ
ということはNLPのラポールで教えてくれています。


私たちは、NLPのラポールのように、
双方のバランスの中で成り立っています。


ですから、NLPのラポールが教えてくれるように、
お互いの中の循環が、ベストでバランスの良い、
人間関係を育んでくれるのです。


自信をもつことで変わるもの




NLPを学ぶことで得られることの一つに
「自信」があります。


もしも、今よりも自信をつけることができたとしたら、
私たちはもっとコミュニケーションで相手に対しての
影響力や説得力を持つことができます。


では、説得力や影響力とは何でしょうか?


実は自体はないですよね。


NLP資格のセミナーを学んで行くと、
ニューロ・ロジカル・レベルというものを
教わることができます。


私たちのアイデンテティを構成する5つの項目に
ついて教わることが出来るのです。


そこにあるものを満たしていくことで、
私たちは自信をもつことが出来ています。


ただし、NLPのニューロ・ロジカル・レベルは、
以前にも触れましたが、次のような5つです。


1、環境
2、行動
3、能力
4、信念や価値観
5、セルフイメージ


この5つのどれかを満たしたとしても、
それだけで自信がつくかというと
そうでもない時があります。


仮に、行動や能力に自信はあっても、
もっと自分の深い部分のビリーフや
セルフイメージに自信が持てていないと
本当の自信が生まれません。


逆境を乗り越えた人が、
乗り越える過程や乗り越えたことで、
自分には出来るなというビリーフと
セルフイメージが身につくことがあります。


これは本当の自信になっています。


まとめて行きましょう。
NLPのニューロ・ロジカル・レベルの話から
言えることは、自信とは見えない。


そして、深いところからの自信になってはじめて
力を発揮する。ただし、ある特定の状態では、
限られた能力を持つことが自信になることもあります。


これは自信ないけど、
これなら心から自信が持てるというように。


NLPを大阪で学んだ男性は、心から自信を持てている時、
自然に周囲の人や関わる人への説得力や影響力がましたと
話していました。


真の影響力や説得力は、
ここから作られるのかもしれません。


相手が話したくても話せない話を聞く




もしも、何でも話せる人たちが、
周りにいるとしたら、精神的に楽になりますか?


実はコミュニケーションで大切なポイントがあります。
それは、相手が本当は話したいけれど、あまり人には話せないことを聞きます。


自己開示が大切なポイントです。


NLP資格のセミナーを受講していると、
皆、ぞれぞれが今ままでの殻を破っていきます。


それは、自分の内面の何かを開示していくからです。
差当りのない嬉しかった体験から、変えたいことや、
上手くいかなくて悲しかったことなどたくさんあります。


何をお話したいのか?
それは、NLP資格のセミナーであるように、
自己掲示をしてもらうことで心の距離が縮まります。


では、普通にコミュニケーションを取っているとして、
どうしたら自己開示をしてもらえるようになるでしょうか?


それは、話しやすい雰囲気を作ります。
そして、相手の話を聞いているよと安心感を持ってもらいます。


NLPを大阪で学んだ男性は教えてくれます。
相手が話していることをしっかりと聞く。
相槌や頷きを使いながら聞いていますよと伝える。


すると、この人は私の話を聞いてくれます。
本当は誰かに話を聞いてもらいたいことってあります。
まずは、安心感を持ってもらいます。


当然、その時に終始、話しやすい空気は作ります。
その上で、信頼関係が築かれていれば、いろいろな本音を語ってくれます。


NLPを大阪で教えているトレーナーさんは、
優れた営業マンさんたちには、お客様が、
営業には関係ない個人的なことを話している。


とお話ししています。
普通は話せない話を聞くくらいになった時、
大分、関係がは含まれていると思ってもいいかもしれません。